ガラスコーティングを施工するなら

先日、新車を購入しガラスコーティングを施工しました。
ガラスコーティングには種類が沢山あるのをご存じでしたでしょうか。ガラスコーティングは親水性のコーティングや撥水性のコーティングがあります。今では、疎水性のコーティングや超撥水などの種類があるようです。

ガラスコーティングの種類は様々】
①撥水性コーティング
水玉がコロコロ弾き、如何にもコーティングがかかっているような弾き方をします。このコーティングは水弾きが抜群なので、洗車時の水のふき取りが楽になる点と、コーティングが掛かっているという満足感が非常に高くになります。
しかし、水玉がコロコロ弾くとイオンデポジットと言われるシミが付着しやすくなります。光沢は他のコーティングに比べると艶々になる点がメリットとして言えるでしょう。

②親水性コーティング
親水性のコーティングは水滴が塗装面に馴染む性質を持っているので、洗車時は水がベターと塗装面に馴染み傾向があります。
撥水に比べコーティングがかかっているという実感が得ずらいという点があります。しかし、撥水性に比べるとイオンデポジットの付着が軽減できるため、屋外駐車や黒い塗装などには相性がいいようです。
光沢は撥水性に比べると悪くなるようです。あまりお手入れをしない方にも相性がいいと言えるでしょう。

③疎水性コーティング
撥水性コーティングと親水性コーティングのちょうど中間にあたる性質です。水玉にはなるが、水弾きが鈍角のため、イオンデポジットの付着が軽減できると同時に光沢も良いし、コーティングが掛かっている実感も得られるという点です。
しかし、親水性コーティングに比べるとイオンデポジットは付着しやすいようです。
車にコーティングをするときは、ボディカラーや車種、駐車環境によっても適正なコーティングが異なるようです。

東京都でガラスコーティングを施工したいと思ったら、東京都ガラスコーティング専門店などで検索してみると、東京都の施工店が沢山出てくるので、商品ラインナップや設備を参考に選んでみると良いかも知れませんね。

【ガラスコーティングとガラス系コーティングの違い】
ガラスコーティングとは、ガラス被膜になるコーティングの事を指します。ガラスコーティングの中で最も性能が高い商品はシリカ系のコーティング剤です。
シリカ系コーティングは市場の中で最も性能や耐久性が高い商品です。

①ガラスコーティング
ガラスコーティングは硬化型のコーティングが望ましいです。塗装面にきちんと被膜になる為、汚れの浸透や紫外線による劣化から塗装面を強力に保護します。最近のコーティングでは被膜硬度9Hなどで非常に硬いコーティング被膜を形成するため、耐擦り性能が高いコーティングが多数でております。
また、紫外線による色褪せや、イオンデポジットの付着が軽減されております。

②ガラス系コーティング
ガラス系コーティングは硬化型ではなく、コーティング被膜として形成されない場合が多くあります。塗装の内部にコーティング剤が浸透するため、

【自分で出来るガラスコーティング】
自分で出来るガラスコーティングにも、ガラス系コーティングとガラスコーティングがあるようです。
その他にも、通販でワックスなどのコーティング剤も販売されているようです。最近では、コーティング剤の性能も高くなっており、自分で施工するのが好きな方は施工店に預けないで自分でやるのも一つです。

【ガラスコーティングとガラス系コーティングの見極め方】
①ガラスコーティング
液剤がビンに入っているかどうかです。本物のガラスコーティング剤はプラスティック製品で保管が出来ないため、容器はビンになります。
ビンでなければガラス系コーティングといってよいでしょう。

②ガラス系コーティング
溶剤がプラスティック製の容器に入っているのは全てガラス系コーティング剤です。ガラスコーティングはプラスティックでは保管出来ないため、ガラス系コーティングとなります。

ガラス系なのかガラスなのかは容器を見れば一目瞭然です。

【ワックスの違いについて】
液体ワックスなのか固形ワックスなのかです。
あまり大差はありませんが、固形ワックスは細部に詰まったり、樹脂パーツに入り込んでしまい白くなってしまいます。その為、液体ワックスの方が綺麗に仕上がるでしょう。
効果には違いがないので、お好きな方を選びましょう。
液体ワックスで注意することは、スプレータイプのものが多いため、窓ガラスなどに付着しないように注意する必要があります。
窓ガラスに付着しても悪影響はありませんが、一部の商品はムラになって取れなくなる必要がありますので、注意が必要です。

「洗車時のシャンプーで注意すること」
撥水シャンプーやトリートメントシャンプーなどのカー用品はシャンプーの中に撥水剤「油」が含まれていることが多くあります。油は一時的には光沢を向上させる効果があるので、綺麗に見えますが、塗装面に油の被膜がつくと、紫外線による劣化や油の被膜が固着してしまい洗車では取れなくなってしまいます。

PR|カーセキュリティ東京|カーコーティング 東京|