カーコーティングの寿命についてまとめ

何かに対する施工を行った時には、寿命が気になってしまう事もよくあります。カーコーティングもその1つなのです。
カーコーティングというのは、確かに車の見た目をよくしてくれる効果はあります。それだけでなく、車に対する様々な脅威をブロックしてくれる力もあるのです。傷などが発生しづらくなるカーコーティングもあります。

それは良いですが、カーコーティングの寿命も1つのポイントになるでしょう。やはり形がある物ですから、効果が永続する訳でもありません。車に対してポジティブな効果を発揮してくれる効果が、どれだけ継続するか気になる事もあるでしょう。

基本的には、数年単位にはなります。ただし結論を申し上げると、それもケースバイケースなのは確実です。もしも業者にカーコーティングの施工を行ってもらった時は、メンテナンスをそれなりの頻度で行う方が良いでしょう。

まずカーコーティングの寿命ですが、大抵のメーカーは数年前後と明示しています。それも、メーカーによって異なるのです。1年位が寿命であると明示している製品もあれば、5年位は使い続けられると宣伝されている製品もあるのです。各製品によって、長さが異なる事だけは間違いありません。

ちなみにメーカーによっては、10年程度と明示している事もあります。ですから長さを重視するなら、製品選びも1つのポイントにはなるでしょう。

しかし上記でも触れた年数は、実際はやや微妙な一面もあるのです。車の使用状況によって、耐用年数も変わってくるからです。
そもそも車に付着する汚れは、pH値に関する様々な違いがあります。酸性の汚れが付着する事もあれば、アルカリ性の汚れなどもあります。

また車を使う頻度にも左右されるでしょう。基本的には屋内スペースに設置された車でしたら、大きな問題が生じる確率は極めて低いです。やはり野外と比べれば、室内の方が車に対する脅威も少ないからです。

そうかと思えば、海水なども車には大きく関わってくるのです。当然ですが海水は、車のサビの原因になってしまいます。それはカーコーティングに対しても、悪い影響を及ぼしてしまう事も多いです。

このように車は、実に多彩な使用環境が考えられる訳です。具体的にどういう環境で車を使用していたかにより、寿命は変わってくるでしょう。やはり過酷な環境では、カーコーティングの寿命も短くなる傾向はあります。

特に注意を要するのは、雪が多い地域です。というのも降雪量が多い地域ですと、道路に対して融雪剤というものが使われています。

それで問題は、融雪剤はアルカリ性なのです。残念ながらカーコーティングは、アルカリ性とあまり相性が良くありません。ですから雪が多い地域では、ちょっと寿命も短くなる傾向はあります。

逆にそれ以外の地域でしたら、比較的長く使い続けられる事もあります。

ではどうすれば良いかというと、やはりメンテナンスを行うことです。例えばどこかの専門業者で、カーコーティングの施工を行ってもらう事はあるでしょう。

それで数年が経過したとします。そろそろカーコーティングの寿命が気になり始めるでしょう。

そういう時に、改めて業者でメンテナンスを行ってもらえば良いのです。業者によっては、カーコーティングを延命させる為の施工も行ってくれます。とりわけ上記でも触れた降雪量が多い地域などは、やはりそれなりの頻度でメンテナンスを行ってもらう方が良いでしょう。

そしてカーコーティングのメンテナンスは、自力ではやや難しい一面もあります。やはり専門業者の方が、無難なメンテナンスを行ってくれる傾向はあるのです。多少費用は高めですが、カーコーティングの効果を長持ちさせたいと思うなら、専門業者がおすすめです。

銀座での飲食店について
銀座で芝居見物の後は「銀座・らん月」で洋食、芝居見物が好きで、定年後は時折、カミさんと歌舞伎見物に銀座にやって来ます。
銀座には新装なった歌舞伎座に新橋演舞場があります。
特に、新歌舞伎座へは非常に便利が良くなっていて、地下鉄銀座線が直接乗り入れるようになり、地下街から直接劇場へ向かう事ができて大変便利になりました。電車も良いですが、ピカピカにコーティングした車でドライブも良いですね。

尤も、お天気の良い日は銀ブラと洒落こんで、日比谷から有楽町駅、数寄屋橋から銀座4丁目、ここから歌舞伎座や演舞場は極く近いです。 因みに、先般赴いた時には丁度時報をさしていて、有楽町のマリオンビルの正面のからくり時計の人形が盛んに愛嬌を振りまいていました。

芝居が引けた夕食時でもあり、銀座4丁目辺りの(3丁目かもしれません)の銀座中央通りに面した、老舗のすき焼き屋である『銀座・らん月』で、一杯引っ掛けながらしゃぶしゃぶやすき焼きをご馳走になりますた。

銀座の『らん月』は、我らの結婚式の披露宴、2次会をした所でも有り、懐かしいところなのです。 歴史も古く、昭和の初め頃に始まったとされていて、当時としては洋食物を扱う店として非常にハイカラなところと言われたそうです。

さて、現実的な話を。

車を購入する基準は、ずばり維持費です。

維持できないと買っても手放す羽目になってしまいますからね。車って本当にお金がかかります。まず税金です。毎年、自動車税を支払う必要があります。

次に、車検です。車検の際、重量税や自賠責保険も含まれますが、点検費用やパーツ交換費用等です。

そして、ガソリン代やオイル代です。勿論、故障すれば、修理代がかかります。そして、事故を起こせば、大変な出費になります。その他にも任意保険等の費用もかかります。

後、駐車場代がかかります。都会だと、2万円とか3万円かかりますので、自動車ローンより高い金額になります。

田舎で軽自動車を乗るのであれば、さほど維持費はかかりませんが、都市部で普通車を維持していくのは、大変な事です。だから、自動車保有率が、年々下がっているのだと思います。日本は、ガソリン税が高いとか消費税や取得税等、何かと自動車にかかる税金が多いので、もっと安くしてくれないと今後も維持費を支払えず、自動車所有を諦める人は増えるように思います。

車を所有したなら長く利用したいもの。

ボディコーティングやメンテナンスをするなら東京都・千葉県

PR|東京 カーセキュリティ江戸川 カーセキュリティ