カーコーティングを業者に任せたほうが良い理由

「カーコーティングを業者に任せたほうが良い理由」
カーコーティングを行った後には、しばしば雨濡れがポイントになります。とりわけ自分でカーコーティングを行った場合、それには十分に気をつけるべきです。

そもそもカーコーティングというのは、ある意味塗料の一種になります。ですから、乾燥が大きなポイントになる事だけは間違いありません。

カーコーティングの専門用語の1つに「硬化」があります。塗料を塗ったばかりの段階では、当然車はデリケートな状態になっているのです。

ある意味それは、ペンキ塗りたての状態に似ています。その状態の物品に触れてしまいますと、大変な事になるでしょう。ペンキ塗りたての物は、扱いには注意を要するのです。

そしてカーコーティング済みの車も、ペンキ塗りたての状態に近いですから、うかつに何か刺激を与えるべきではありません。まだ乾燥していないからです。

それで数ある刺激の1つが、冒頭でも触れた雨なのです。基本的に乾燥するまでは、雨に当てない方が良いでしょう。
というのも雨水の中には、あまり良くない物が色々入っています。もちろんチリやホコリなども入っている訳ですが、カーコーティングを行ってから間もない車に雨が当たりますと、それが塗料の中に染み込んでしまう可能性があります。当然そのままでは、車の見た目は著しく悪くなってしまうでしょう。

もしもカーコーティング後に雨水が当たった時には、速やかに洗い流しをする必要があります。その際に、決してブラシなどは使うべきではありません。せっかく塗ったばかりのカーコーティングが、取れてしまう可能性が大いにあります。ブラシを使うというより、基本的には手洗いだけで済ませる方が無難でしょう。もちろんその際に、雨水を確実に除去すべきなのは言うまでもありません。

一般的にカーコーティングの施工を行ってから、だいたい2週間くらいは雨水に当てるべきでないと言われています。少なくとも、車は屋内ガレージに保管する方が望ましいでしょう。野外ですと、どうしても車に雨水が当たってしまう確率が高いです。
しかし2週間というのは、かなり長い日数です。もちろんカーコーティングを行ってから、2週間以内に車に乗りたいと思う事はあるでしょう。2週間も雨水に当てないというのは、あまり現実的ではありません。

ところで上記の話は、あくまでも自力でカーコーティングを行った時です。自力ではなく業者に行ってもらった時は、話はちょっと変わってきます。

そもそも上記のような面倒な問題が発生するのは、カーコーティングがきちんと乾いていないからです。しかし個人でカーコーティングの施行を行うにしても、乾燥させるのはなかなかハードルが高いです。乾燥させる為の特殊な機材を持っていない限りは、どうしても乾くまでに時間を要してしまいます。それでは、色々と不自由してしまうでしょう。

逆に業者による施工の場合は、特に問題ない事も多いのです。というのも専門業者の場合は、特殊な機材を色々と完備しています。

現にある専門業者の場合は、カーコーティング当日に雨が降っても全く問題ないと明示しています。既に業者が塗料の乾燥を行っているので、特段に大きな問題が発生する確率も低いからです。
何せカーコーティングを行って、2週間も車に乗れないというのは、あまり現実的ではないでしょう。ですから早く車に乗りたい時には、自力というよりも業者に任せる方が無難です。

ただし業者も、それなりによく選ぶ方が良いでしょう。そもそも乾燥のクオリティーにしても、各業者によって違いはあるのです。業者によっては、施工した後も数日間は雨に当てるべきでないと言ってくる事もあります。もちろん当日中に乗れる業者もあるので、よく選ぶべきでしょう。

落語が大好きな熟年、帰りは江戸情緒の居酒屋で、
元来、芝居や歌舞伎、演芸が好きで、定年後暇にまかせて屡々、千住から浅草へ寄せ見物へ出向いていきます。 演芸場は東京には新宿・末広亭や有名な上野・鈴本演芸場、それに近場の浅草演芸ホールがあります。

地下鉄で浅草駅へ至り、あとは徒歩で雷門からブラブラ仲見世の人通りをユックリ見物しながら浅草寺をお参りし、左の伝法院横丁から付当たりますと当浅草演芸ホールでございます。
公演は昼の部が12時から16時30分、料金は2500円でした。 残念なのが熟年・シニア割引が無いのが惜しいですね。

寄せの帰りは居酒屋で一杯やることです。 雷門の横の田原町の駅近くに「浅草一文 本店」というのがあり、此方の居酒屋も江戸情緒の満載なのです。 やはり、江戸落語の後はコチラの居酒屋が合いますね。

今は殆ど無くなった土間のある温かみで出迎えてくれて、席に着くと金(円)を木札に両替するのがこの店の面白いところなのです。 そしてメニューは全てが100円が1文という風に表示されていて、これぞまさしく江戸の風情を満喫できる居酒屋なのです。 料理も又、江戸期の頃から下町庶民に親しまれてきた料理なのです。
小生は何時も25文前後で納めてますけどね。

PR|東京 カーフィルム東京 カーラッピング